慈しみの幸望庵(鴻巣店)デイサービス 鴻巣
HOME > 慈しみの幸望庵(鴻巣店) > スタッフ日記 > 手ぬぐいで「あずま袋」を作りました

スタッフ日記

2020年07月03日

手ぬぐいで「あずま袋」を作りました

拍手する

  こんにちは!

緊急事態宣言解除されましたが、

昨日の東京の感染者が100人を超えてしまいましたね。

 

慈しみの幸望庵では、引き続き感染予防に努めております。

本日もご来庵頂きありがとうございます。

 

慈しみの幸望庵では、毎日昼食作りを行っています。

ベテラン主婦の母達はテキパキ調理されますね。

調理も中盤に入ると美味しそうな匂いが部屋の中に立ち込めます。

肉団子を使って酢豚を作りました。🐽

 

きれいに盛り付けられましたね。揺れるハート

いただきます。

 

 

午後はラジオ体操を行います。

体操中は窓を開けて換気を行っています、

距離を開けていますのでマスクは外しています。

 

今日の手工芸は「あずま袋」作りを行います。

「みゆき袋」と言われることもあるようですね。

ビンゴゲームで手ぬぐいの柄を選ぶ順番を決めました。

 

今はカラフルな物もありますね。

 

それでは縫い始めましょう。

二箇所真っ直ぐ縫っていきます。

裏返せば完成です。

 

7/1よりレジ袋が有料となりました、

エコバッグとして利用してもいいですね。

お茶目な母はこう使うのですか?

 

見た目以上の収納力に大満足の母でした。

 

今日もたくさんの笑顔ありがとうございました。

またのご来庵をお待ちしております。

 


拍手する

幸望庵へのご感想望等ご自由にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

  • ブログ一覧に戻る
  • 施設見学
    無料で幸望庵を見学できます。半日OK!
    資料請求
    ご利用者様が遠方でお試しできないご家族に
    トップに戻る